妊娠線に似た正中線

出産を経験した女性は消えない妊娠線に悩んでいます。妊娠が済んだ友人はおへその上下にも妊娠線ができているといって悩んでいるので、それは妊娠線ではなく正中線と呼ばれるもので、妊娠したことによるホルモンバランスが崩れたことによるメラニン色素が沈着したことによるものなのです。

だから、妊娠が済んだのだから半年くらいたつとだんだん薄くなって、消えていくから心配ないよと教えてあげました。妊娠線消えないの?と聞くので、妊娠線専用のクリームをつけると薄くなるけど完全には消えないといいました。

クリニックのレーザー治療もあるけど火傷などの副作用があると聞いたことがあるし、レーザー治療はお金もかかるからしない方が良いと話しました。

そもそも妊娠線が消えないのは当たり前なんです。何故なら、皮膚にある成分分子が集まってできたコラーゲン繊維が壊れてしまっているからです。一度壊れてしまったコラーゲン繊維が元に戻ることはありません。

いわゆるちぎれてしまった紐のようなものだからです。その紐がもとの状態に戻ることはあり得ません。なので茶褐色にひび割れ線が皮膚にあらわれたのなら完全に消すことは難しいと思った方が良いです。妊娠線はほとんどの妊婦さんのお腹にあらわれます。

妊娠線を消す方法※できた妊娠線を消す、治すクリームとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です